注文住宅の魅力を解説します

建て主の希望をもとに造られる注文住宅は、現在非常に人気を集めています。
このサイトではそんな住宅の魅力や、自由度の高さについてまとめました。
自分好みのものを選べることや、建築過程を確認出来ることなどたくさんの魅力があるお家を検討しているなら、ぜひ当サイトを参考にしてください。
メリットや選び方などについても解説をしています。
素敵なマイホームを手に入れたいと考えているのなら、必見です。
世界に1つだけの我が家を手に入れましょう。

多くの人から選ばれている注文住宅!手堅い人気を支える魅力について解説!

多くの人から選ばれている注文住宅!手堅い人気を支える魅力について解説! 注文住宅の人気の理由はさまざまな要素があげられます。
まず「自分好みの家を造ることが出来る」という点は、絶対の人気の理由です。
間取り・設備・外壁といった複数の部分を自分の思う通りに選ぶことが出来ます。
加えて注文住宅の場合「過程を確認できる」という点も人気のポイントです。
欠陥住宅や手抜き工事をあらかじめ防ぐことが出来ます。
「自由度が高い」「オンリーワン」であるという点も注文住宅の魅力です。
耐震性・耐火性といった災害に強い家や、防犯機能がしっかりした注文住宅をオーダーすることも出来ます。
もちろん、全てのオーダーを注文住宅に反映させるためにはそれなりの予算が必要です。
そのため、予算との兼ね合いを考えながらお家を建てることが大切と言えます。

建売住宅と注文住宅それぞれのメリットと違い

建売住宅と注文住宅それぞれのメリットと違い 家を建てる時、どのような型式にするべきか迷う人も多いのではないでしょうか。
予算や立地、家族の年齢や人数といった要素によっても変わるため、一概にこれがいいと決まっているわけではありません。
注文住宅と建売住宅の違いは、さまざまな部分にあり、両方にそれぞれ異なるメリットがあります。
たとえば建売住宅は注文住宅に比べて割安で購入できるのが通例です。
建売は土地と建物がセットになっており、新興住宅地などもこれに当たります。
家の細かなつくりなどを注文することはできませんが、その分だけプロが作った家に安心して住むことができるでしょう。
また、すでに建築が終了している場合には、建てている途中の過程を見ることはできません。
一方で注文住宅は建売住宅とは異なり、家についてすべての部分を注文しながら作ることができます。
ハウスメーカーや設計事務所と相談しながら話を進めることになりますが、自分の希望に合わせて設計から書き起こしてもらうため、費用は加算されます。
間取りやデザインなども自分で決める手間はあるものの、すべての要素を好みに合わせることができるのは大きなメリットです。
設計図から工事の着手、その工程まですべて見守ることができます。

注文住宅は大手住宅メーカーが安心って本当?

注文住宅で家を建てる際に大切なことは、信頼できるところに依頼するということです。
なかには、破格の値段で建築を行っているところもありますが、価格よりも丁寧でしっかりとした家にするべきです。
価格だけを重視するなら、手抜き工事が行われてしまうというケースは、決して珍しくないからです。
では、注文住宅を建てる際に、有名な大手住宅メーカーのほうが安心なのでしょうか?ある意味、安心といえます。
その理由としては、大手ハウスメーカーは数々の実績がありますので、ノウハウをわかっているからです。
また、大手住宅メーカーとなると人材育成や営業などにもかなりの力と教育を行っていますので、顧客に対してのやり取りがスムーズだからです。
加えてメンテナンスやアフターサービスなどの保証なども充実していますので、何かあった時にすぐに対応をしてくれるのです。
しかし、大手の場合には広告費などがかかる分同然、建築費用も高くなるのでその点は覚えておくべきです。

注文住宅を住宅性能の高さを重視して建てたい場合には

家族が暮らす大切な家を購入するなら性能の良い注文住宅を選びたい、という人もいるのではないでしょうか。
住宅性能のポイントの1つとなることには耐震性が挙げられます。
耐震等級には1から3まであり、最も高い3の注文住宅は震度7を超える強い揺れでも倒壊しなかった実績があります。
地震に強い家を建てたい場合には、耐震等級3に対応しているメーカーを選ぶのが良いかもしれません。
また気候が変動している今の時代には断熱性の高さも求められるポイントです。
冷暖房が効きやすく省エネな家のためには、断熱等性能等級4以上の注文住宅が建てられる住宅メーカーを選ぶことをおすすめします。
断熱性と並んで住宅性能を左右するのが気密性です。
注文住宅メーカーの中には、より高い性能が実現できるといわれている独自の工法を取り扱っているところもあります。
多くの住宅メーカーではZEHや長期優良住宅に対応していますが、補助金や税控除額を利用できるか確認しておくと良いかもしれません。

知っておきたい注文住宅の坪単価の目安とは

注文住宅を建てるためにはどのくらいの予算が必要になるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
注文住宅づくりを依頼できる業者にも地元の小さな工務店から大手住宅メーカーまで色々なところがあるほか、住宅のタイプも様々なものがあるので価格は幅広くあります。
そのような中で注文住宅の予算を考えて比較する際の費用の目安となるのが坪単価です。
建物の価格を坪数で割って算出されるもので、1坪当たりどのくらいの建築費になるのかがわかれば様々な住宅を比較する際に役立ちます。
一坪あたりの単価は住宅性能の高い注文住宅の場合には価格も高めの傾向があり、およそ80万円から100万円ほどかかるといわれています。
一方、費用を抑えて建てることが可能なローコスト住宅の場合には坪単価も安く、40万円から70万円ほどが目安です。
これらの金額は家づくりの目安になりますが建物だけの費用であるため、他にも費用が必要になることは知っておきたいところです。

注文住宅の購入で必要になるさまざまな税金

注文住宅を購入する際にはどのような税金がかかるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
注文住宅購入には色々な税金が必要となります。
その1つは土地や建物を買ったり贈与されたりするなどして取得したときにかかってくる「不動産取得税」です。
いくらになるかは住まいがある自治体から納税通知書を確認するとわかります。
また注文住宅を建てて、所有していると毎年「固定資産税」もかかってくることになります。
固定資産税は、市町村から納税通知書が届きますので、それを用いて納付するのが特徴です。
ほかにも注文住宅を建てる地域によっては、「都市計画税」がかかることもあるでしょう。
これは都市計画の区域内にある土地や建物を所有している人が払う税で、通常は固定資産税と一緒に支払うのが特徴です。
都市計画税は住まいの地域の発展や整備のために使われるものとなっています。
それから住宅購入をする際には印紙税や消費税などもかかります。

注文住宅は鉄筋コンクリートで作ってみよう

自宅にもいろいろな素材が使われており、一般的な注文住宅と言えば木造が中心になります。
日本の住宅が古くから木造住宅が多く、樹木を多くがあることから、注文住宅では木造が中心となります。
海外などでも、樹木がたくさんあるので日本だけそのような歴史をたどっているわけではないと言う人もいます。
しかし海外の山と言うのは大抵緑が多いわけではなく、はげていたりあるいは岩でゴツゴツしています。
それ故、木材に恵まれていない国も実はたくさんあるわけです。
ただ最近は、鉄筋コンクリート住宅も増えている傾向があるかもしれません。
鉄筋コンクリートの魅力は、とにかく耐久度合いが高いことです。
それ故、コンクリートの住宅に魅了される人もいるかもしれません。
この時気をつけておきたいのは、その金額になります。
それなりに高くなりますので、注意をしなければいけません。
どれぐらいの金額になるかと言えば、木造住宅の1.3倍から1.5倍位のお金がかかると考えているでしょう。

注文住宅のおすすめはこちら!

下松市 注文住宅